がん闘病記と日々雑感

~右往左往の備忘録~

2年目の定期検診と私のカラダ

2年目の定期検査結果がでた。再発転移の所見なし!

ついに2年経過~~~!

 

食道ガンの再発転移はほぼ2年以内に起こるので、ずっと2年クリアを目標にしてきた。そして!ついに!ようやく!長~いトンネルを抜けた。久しぶりに夫と一緒に病院に行き(夫が行くのは1年半ぶり)、主治医にご挨拶。1年半前に完全寛解がでた時には喜ぶ私を抑えるように「まだまだこれからですよ…」と苦笑していたが、今回は「良かった」とにっこり。「もうほぼ完治ですよねっ!」と畳みかける私に、さすがに「まぁ再発の95%は2年以内に起こるんだけど、あと5%位はあるからね・・・」とゴニョゴニョ。とは言え、今まで5年生存率26%とか再発したら緩和ケアとか恐ろしい数字や話ばかり見てきた私にとって、5%なんてゼロも同然。ほぼ完治という日本語としてはおかしい言葉で現在の自分を定義づけることにした(^-^)キッパリ 

(再発について正確に言うと、そもそもの再発率が50%→うち2年以内の再発が90%なので、トータルで見て2年以降の再発率は5%となる。統計によって若干の上下あり)

定期検査も今までの3ヶ月毎から6ヶ月毎になる。嬉しいことだけれど主治医に6ヶ月も会えなくなるのは寂しい。彼にはとても感謝している。運命の人とまで思っている。こんな出会いが50代にあるなんて、人生って本当に素晴らしい←浮かれてる?w

 

ガン告知から2年たった私のカラダのこと。その前にざっと経緯を説明すると

2017年1月 食道ガン胸部下部 T4N1M0 ステージ3cの診断が下る。がんセンター方式だとステージ4a

2017年1月~4月 放射線化学療法を受ける

2017年5月 完全寛解の診断

2017年7月 食道中部に表在癌発覚。ESD(内視鏡手術)で切除

2019年1月 再発転移なしで2年経過←new!

 

そして現在の私のカラダは、

  • 体重は半年程前に元に戻った。(160㎝/50㎏)
  • 治療の副作用の「倦怠感」が治療後半年以上残っていたが、体重が増えると共に回復していき、今は全く感じない。むしろガン発覚前より疲れにくくなった。(ガンの症状の一つである「疲れ」がなくなったからだと思う)
  • 筋肉量も戻り、ドライバー(ゴルフ)の飛距離が回復w 大事w
  • 放射線が照射された箇所は「焼肉状態」になっていてそれが回復することはないが、普段それを感じることはない。唯一、早食いすると詰まりそうになる。
  • 胃腸など消化器系の異常や不快なし。
  • 特に痛むところなし。
つまり、早食い出来ない以外は元通り。(普通のスピードでは食べられる。。。敢えて言うと)
2年前のことを思うと、今の状態は夢のようだ。食道に縦9cm x 横5㎝と連なる、波うったガン細胞を見た時は言葉も出ないほど頭が真っ白になったが、その時の私に伝えたい。闘病中の方や告知されたばかりの方にも。
びっくりしたでしょ? でも大丈夫! この後辛い治療があるし精神的にも不安定になって怒ったり落ち込んだり泣いたりするけど、2年後にはすっかり元に戻ってるから! むしろ より元気になってるから!』
 
私は本当にラッキーだったんだと思う。遠隔転移する前にガンを見つけられた(ギリギリだったけど)、今の主治医に出会い私にとって最適の治療が受けられた(バタバタしたけど)、私のガンは大きかったけどたぶん性質は弱くて素直に消えてくれた上に再発転移せず2年を越えた。
まぁ主治医の言う通り確率はゼロではないからまだこの先がっかりするかもしれないけど、今は喜ぼうと思う。喜べるときに喜んで、そして感謝して。
 
関わってくれた全ての人たち、起こったこと、導いてくれた何か、そして私のガンにも、深く深く感謝します。
そしてどうかたくさんの人に幸運が訪れますように。