がん闘病記と日々雑感

~右往左往の備忘録~

花粉症だった(過去形)

昨日、ニュースで都民の約48%が花粉症というのがありました。
 
春は待ち遠しいけど花粉症が、、、という方は多いと思います。
そこで良い話と残念な話を。
 
突然ですが、私、花粉症治ったんです。19才から29才までの10年間、花粉症だったのですが、最後の2年ぐらいは軽くて、30になったら全くなくなってました。それから20数年、一度もぶり返さず今に至ります。
 
残念な話は、なぜ治ったか全く心当たりがないこと。これをしたから治った!とか言えれば人類のお役に立てるのですが。
もっとちゃんと考えてよ〜〜と言われるかもしれないんですが、治った当時、まだ記憶も新しい頃に花粉症の友人達からそれはそれは激しい追求を受けまして、、、持ち上げられたり脅されたり、これが分かればひと財産作れるよ(どうやって作れるのかはサッパリ分かりませんが)とノセられたりしながら、生活環境・食べたもの・運動は当然ながら、シャンプーや歯磨き粉の銘柄まで、、、で、最終的に彼らから、カオルコは何も特別なことをしていないけど何故か治ったというお墨付きを頂きました。
 
花粉症が治ったという人は少なくとも私の周りには存在せず、も、も、もしかしたら私1人かもしれないんですが、でもそれは良い話だと思うんです。治った人が1人でもいれば誰でも治る可能性があるってことじゃないですか。
そしてそれは突然、今年の春に起こるかも\(^o^)/と、花粉症で苦しむ友人達に毎年力説しているんですけど、反応は良くない。むしろ冷ややか。
いや、私だって悔しいですよ。思い出せたらひと財産築けるんですからっ!←だからどうやってw